<![CDATA[Meet@Golf - ブログ]]>Mon, 16 Sep 2019 01:39:06 +0900Weebly<![CDATA[Meet@Golfコンペ開催予定]]>Sun, 15 Sep 2019 01:06:13 GMThttp://meetat-golf.com/blog/meetgolfMeet@Golfでは、スクールコンペを開催予定です。
他のスクールメンバーとの親睦や交流の場として、ご参加いただければと思います。
ラウンド機会が少ないのでもっとラウンドしたい方や、ラウンド未経験ながらコンペを目指して練習したい方なども歓迎です。
​詳細は決まり次第掲示しますので、参加希望の方はお早めにスタッフまで。
]]>
<![CDATA[シミュレーションラウンド会 開催]]>Sun, 04 Aug 2019 09:30:00 GMThttp://meetat-golf.com/blog/8697823毎月恒例となりました、シミュレーションラウンド会を7月最終月曜日に開催しました。
今回もみなさん練習とは違うプレッシャーを感じながらのラウンドとなり、本来の実力を発揮できない方もいました。
緊張感になれることで、実際のコースに行った時も普段通りプレーしやすくなります。

ランチ懇親会は、目黒のイタリアンレストランでも屈指の人気を誇るトラットリア・チャオロで行いました。
ランチ時間帯なので並ぶ必要はありますが、時間をややずらしたことであまり時間がかからず入店出来ました。
どのお料理もおいしいのはさすが激戦区目黒の人気店です。
またお邪魔をしたいと思います。​
]]>
<![CDATA[タイトリストAP3アイアン導入!]]>Sun, 28 Jul 2019 10:00:00 GMThttp://meetat-golf.com/blog/ap3セミハードヒッター用にAP3アイアンのNSpro950のレンタルクラブを導入しました。
ハードそうな見た目ですが、シャフトの扱いやすさも相まって非常に打ちやすいクラブに仕上がっています。
​タイトリストのアイアンにしては飛距離も期待できるモデルです。
]]>
<![CDATA[7月ラウンドレッスン開催]]>Tue, 16 Jul 2019 11:00:00 GMThttp://meetat-golf.com/blog/729828227/11(木)にマグレガーCCにてラウンドレッスンを開催しました。
梅雨の最中でしたが、奇跡的にまったく雨には降られず、7月にしては涼しかったためプレーもしやすい天候でした。
今回は早朝に出発し、早く目黒に帰還する形で行ったため、渋滞もなくスムーズに開催出来ました。
​早朝出発は戻りが早いため、今までのラウンドレッスンのスケジュールでは参加できない方にもご参加いただけるかと思います。
]]>
<![CDATA[シミュレーションラウンド会 開催]]>Mon, 01 Jul 2019 09:30:00 GMThttp://meetat-golf.com/blog/80724936/24(月)シミュレーションラウンド会を開催しました。
シミュレーションでのラウンドはショットはいいけど、パットが苦手という方が普段よりいいスコアを出す傾向にありますね。
比較的、レディースティが前目にあるコースだったため、女性でも楽にラウンドが出来ました。
次回開催も、最終月曜日で7/29(月)の予定です。
​みなさまぜひお知り合いもお誘いの上でご参加ください。
]]>
<![CDATA[6月ラウンドレッスン開催]]>Thu, 27 Jun 2019 10:00:00 GMThttp://meetat-golf.com/blog/66/17(月)、6/22(土)にラウンドレッスンを開催しました。
コースと同じ芝からの練習とハーフラウンドの組み合わせで実施しましたが、練習量が多いため、ふつうに18Hラウンドするより疲労度は大きいようです。
​インドアではできないレッスンもでき、みなさまそれぞれポイントをつかむことが出来ました。
]]>
<![CDATA[シミュレーションラウンド交流会]]>Wed, 05 Jun 2019 04:01:51 GMThttp://meetat-golf.com/blog/8693641恒例となりましたシミュレーションラウンド交流会&Meet@ランチ懇親会(10:00~13:30)、次回は6/24(月)に開催します。
シミュレーションラウンドをしながら交流を深めようというイベントです。
レディースティ設定もできるので、飛距離に自信のない女性でも安心です。
終了後にランチ懇親会を開催予定です。
​会員じゃないけど誘いたいゴルフ仲間がいる、などの場合一緒に参加というのも可能ですのでお気軽にスタッフまでお申し付けください。
]]>
<![CDATA[グリップを握る長さの目安]]>Sun, 12 May 2019 10:00:00 GMThttp://meetat-golf.com/blog/4153715
画像は指2.5本分ほど短くグリップを握ったものです。
時折、指や掌がグリップ後端からはみ出るほど長く握っている人もいますが、それだとグリップが正しく機能しません。
グリップ後端部分の径が広がっている部分は滑り止めの役割を果たすので、握らない方がベターです。
​後端から指2~3本分ほど短く握れば、ソフトに握ってもグラブが抜けてしまうことがないので、手首もより柔らかく使うことが出来ます。
]]>
<![CDATA[シミュレーションラウンド交流会]]>Fri, 03 May 2019 10:30:00 GMThttp://meetat-golf.com/blog/5474172
5/20(月)にシミュレーションラウンド交流会&Meet@ランチ懇親会(10:00~13:30)を開催します。
読んで字の如く、シミュレーションラウンドをしながら交流を深めようというイベントです。
レディースティ設定もできるので、飛距離に自信のない女性でも安心です。
終了後にランチ懇親会を開催予定です。
​懇親会は出れない、懇親会だけでたい、というのも可能ですのでお気軽にスタッフまでお申し付けください。
]]>
<![CDATA[体の開きすぎ対策]]>Thu, 25 Apr 2019 10:00:00 GMThttp://meetat-golf.com/blog/8168940ダウンスイングの初期で体が開いてしまう方の対策ドリルです。
ダウンスイングからフォロースルーにかけては体はだんだん開いていくものですが、正しいタイミングや角度で開けないと体の必要な部分が伸長していきません。
まず左手で杖のようにクラブをつき、右手はアドレスの位置に置きます。
そのままバックスイングし、インパクトの位置までシャドースイングします。
​するとダウンスイングで胸の開きを抑えられるので、振り遅れを防いだり、上下半身の捻転差を感じることが出来ます。
]]>
<![CDATA[令和元号となっての初のラウンドレッスン]]>Sun, 14 Apr 2019 10:00:00 GMThttp://meetat-golf.com/blog/3267388元号が令和となってから初のラウンドレッスンが5/29(水)に開催されます。
また、有給休暇取得も義務化されたため、通常は平日は仕事という方もぜひご参加ください。
詳細はスクール掲示板をご参照ください。
​参加希望の方はスタッフまでお申し付けください。
]]>
<![CDATA[ゆっくり水平素振り]]>Fri, 05 Apr 2019 10:00:00 GMThttp://meetat-golf.com/blog/1685047ダウンスイングでシャフトプレーンよりも外からクラブが入ってしまう方は、ゆっくり水平に素振りするドリルに取り組んでみてください。
腕とシャフトを水平に胸の前くらいの位置で構えそのままヘッドが地面と水平に動くように右肘と手首を折って水平のトップまで持っていき、またインパクトの位置までゆっくり戻します。
この時、ヘッドが水平面から外れたり、右肘・右肩が左サイドより上に来たりしないように気を付けましょう。
]]>
<![CDATA[4月のラウンドレッスン]]>Thu, 28 Mar 2019 12:00:55 GMThttp://meetat-golf.com/blog/4
4月のラウンドレッスンは
4/21(日) 大相模カントリー倶楽部 担当:尾野
4/22(月) マグレガーカントリークラブ 担当:井出
で開催予定です。
詳細はスクール掲示板を参照してください。
​参加希望の方はスタッフまでお申し付けください。
]]>
<![CDATA[左手一本アプローチ]]>Thu, 07 Mar 2019 10:00:00 GMThttp://meetat-golf.com/blog/3080555左手一本でのアプローチ練習は、安定したアプローチをしたい方やついすくい打ってしまう人に適した練習法です。
ポイントとしては左手のみでクラブを握るものの、クラブを動かす主体は体幹部や脚にするというところです。
左手で持つことと左手を積極的に使うことは違うので注意が必要です。
]]>
<![CDATA[トップでの手首の状態]]>Fri, 22 Feb 2019 12:49:16 GMThttp://meetat-golf.com/blog/8113688肘や手首に負荷をかけすぎないトップの状態になっているかチェックしてみましょう。
トップに行ったときに、左腕の前腕の面と左手甲がフラットな状態になっていたらOKです。
​左手首が強く甲側に折れた状態ですと、上手く筋肉でクラブをホールドできていない状態と言えるので、そのままダフってしまったり、オフセンターなインパクトをしてしまうと危険なので注意が必要です。
]]>
<![CDATA[ヘッドの制御について]]>Mon, 11 Feb 2019 08:48:25 GMThttp://meetat-golf.com/blog/2566868テークバックの始動時に、勢いや反動を強く使ってしまうと、クラブヘッドを正しく制御できなくなってしまいます。
ヘッドのポジションやフェースアングルをしっかりコントロールできるように意識してみましょう。
利き腕でない方の腕が弱い方は、片手でクラブを動かしてみて、ヘッドが制御できるように練習してみてください。
​ヘッドをしっかり制御できれば、入射角やふり幅など自分が思うようにスイングをコントロールできます。
]]>
<![CDATA[シャンクが出たら・・・]]>Fri, 25 Jan 2019 12:12:00 GMThttp://meetat-golf.com/blog/2139235シャンクが出てしまう原因は人によっていろいろありますが、セットアップにおけるボールとの距離など基本的なところに問題がないとすると、バックスイングで右足のつま先に荷重が来ていないかチェックしてみてください。
バックスイングで右つま先荷重になると、その後ボールに対して体が近づく動きを誘発しやすいので、シャンクが発生しやすいです。
]]>
<![CDATA[バックスイングにおける回転度合いの確認]]>Fri, 11 Jan 2019 10:00:00 GMThttp://meetat-golf.com/blog/6165824バックスイングを行う際にやりがちな動きとして、腕のみでクラブを上げてしまうことが挙げられます。
その場合は、体の捻じれ感や体幹部のひねられる感覚があまり得られていないはずです。
通常のアドレスから、手首のみでヘッドを真上に持ち上げて、そのまま腕を曲げずに体を右に回してみましょう。
腕を使わずに体をひねる感覚がわかるはずです。
通常のスイングの際もこのような感覚が得られれば「手上げ」のバックスイングが減ってきます。
]]>
<![CDATA[あけましておめでとうございます]]>Fri, 04 Jan 2019 03:30:00 GMThttp://meetat-golf.com/blog/3865959
あけましておめでとうございます。
​本年もMeet@Golfは会員のみなさまのゴルフライフがより楽しく、豊かなものになるようお手伝いできればと思っております。
​変わらぬご愛顧のほど心よりお願い申し上げます。
]]>
<![CDATA[グリップの重要性]]>Fri, 14 Dec 2018 09:09:24 GMThttp://meetat-golf.com/blog/1603219比較的最近ゴルフを始めた方で、一度作ったグリップのまま、形を崩さずにボールをセットしてまた打ってしまうというようなことはしていないでしょうか?
1球ボールを打ったあとは必ずクラブと手との関係性は、打つ前と変わってしまっています。
​1球ごとにはじめから握りなおすことで、常にフェースの向きとグリップの関係を一定に保つことが出来るのです。
]]>